オルニチン

しじみの砂抜きの内容について

あさりやしじみなどが嫌いというお子さんもいます。
どうして嫌いなのか?と聞くと、砂がじゃりじゃりして嫌という子が多いです。
これは砂抜きがしっかり行われていない証拠です。
砂抜きをしっかり行えばお子さんもきっと食べるようになるでしょう。

まず塩水を作っておきます。
あさりの場合、3%程度の塩水を作りますが、しじみの場合1000ccの水だと小匙で2杯、だいたい1%の塩分濃度の塩水を作っておきます。
貝同士をこする様に流水で洗います。
平たい容器(なければボウル)に網などをひき(なければざる)そこに重ならないように貝を置きます。
網で浮かせておくことで再度砂を吸い込むことがありません。
あまり密集しないようにすると酸素が多く砂をより吐き出しやすくなります。

しじみの頭が少し出るくらいの塩水を入れます。
多すぎると貝は窒息してしまうので気をつけましょう。
水を吐きますし、暗所に置いておく方が砂を吐き出しますので、新聞紙を上にかけておいてだいたい夏は3時間程度置いておきます。
夏場は冷蔵庫のほうがいいでしょう。
冬場は常温で5時間程度置いておくときれいに砂を吐きます。

もし一度に食べきれない場合は、砂抜きをした後水をしっかり切り、ジップロックなどに入れて冷凍します。
冷凍すると栄養価も旨味もアップするので冷凍してから食べる、という方も多いです。