SoftBank SELECTION
製品情報 ご購入方法 サポート コンテンツ 会員ページ
 トップ > 製品情報 > パーティション分割・結合・変更
Security セキュリティ/スパイウェア
Utility ユーティリティ/データ管理
Home ホーム/はがき作成/携帯電話
Business 業務/文書管理/オフィス
Hobby パソコンゲーム/趣味娯楽
Education 教育・学習/トレーニング
Multimedia ビデオ編集/サウンド関連
Graphics 画像処理/グラフィックス/
過去販売の製品はこちら
製品情報
Utility
パーティション分割・結合・変更
初心者 中級者 上級者
開発元: 株式会社アーク情報システム
発売日: 2008/11/21


Windows 7への対応状況についてはこちらをご覧ください
パーティション分割・結合・変更
データを保持したまま、パーティション変更可能
初めてでも安心!マウスだけの簡単操作!
USB、IEEE1394、シリアルATA対応

使用頻度の高い機能を厳選することでお求めやすい価格を実現したパーティション管理ソフト。OSやファイルはそのままで、パーテションの新規作成や分割、サイズ変更などをおこなうことが可能です。
本製品の販売は終了いたしました。
製品紹介 動作環境 FAQ マニュアルダウンロード
製品紹介
※1 ドライブの前後を同時にサイズ変更することはできません。
※2 OSを含むドライブを空き領域にコピーすることは可能ですが、起動はできません。
※3 結合先のドライブに含まれるデータは消去されます。
[ウルトラパーティションメーカー Windows 7対応版での変更点]

・メイン画面のリサイズが可能になりました。
・「ドライブの作成」のときに、XP/2000のディスクの管理のようにパーティションの種類(プライマリ、拡張、論理)を選択する画面を追加しました。
・拡張パーティション(の枠のみ)のサイズ変更が不可になりました。
・サイズ変更などの操作でも、Windows上でできる場合(対象のドライブがOSによりロックされていない場合)は、コンピューターを再起動せずに実行するようになりました。
・「ドライブの作成」や「ドライブの分割」で、ドライブの数が4つ以上になる場合は、論理ドライブとして作成されます。
・コピー機能を削除しました。
・GPTディスクへの対応しました。
・FAT32の「サイズ変更」、「結合」操作で、最大128GBまでの制限はなくなりました。

アップデートについてはこちらをご覧ください。
↑ページトップへもどる
動作環境
■対応OS Windows XP/Vista(64ビット版を除く)/7(32/64ビット)
※Windows 7への対応状況はこちらをご確認ください。
※アップデートについてはこちらをご覧ください。
※メーカーサポートPCのみサポート対象となります。
※日本語版にのみ対応しております。
※インストールにはOSの管理者権限が必要です。
■CPU 上記OSが動作するパーソナルコンピュータ
※PC/AT 100%互換機のみ
■メモリ Windows 7/Vista:1GB以上(Windows7 64ビット版は2GB以上)、XP:512MB以上
■HDD 50MB以上の空き容量
■ディスプレイ 1024×768ドット以上、16ビット以上(24ビット以上を推奨)
■対応ファイルシステム FAT32、NTFS
※ダイナミックディスク環境のハードディスクではご利用できません。
※Windows Vistaで採用されていますGPTハードディスクではご利用できません。
■インターネット接続環境 ADSL、FTTH、CATVなどのブロードバンド接続必須(ソフトのインストール、オンラインユーザー登録、アップデータのダウンロード時に必要)
■その他 CD-ROMドライブ(インストール時)、キーボードおよびマウス
SoftBank SELECTIONのソフトウェアを利用するためには、サービス規約、使用許諾に同意し、会員登録をおこなっていただく必要がございます。
製品の仕様は予告なく変更される場合があります。
サポートを受けるためのユーザー登録(無料)にはメールアドレスが必要です。
本製品は、1本のシリアル番号でパソコン1台にインストールが可能です。
本パッケージで使用している画面写真は実際の製品画面と異なる場合があります。
Windows上で認識できるHDD装置(リムーバブル装置は除きます)は、パーティション操作が可能です。
WindowsXPにインストールした本製品からWindows VistaをインストールしたHDD装置への操作は行わないでください。
マルチブート環境でも使用できますが、サイズ変更やドライブの作成、削除を行うとドライブ構成やドライブ数が変更になる為にシステムが起動出来なくなる場合があります。
Symantec社の「Norton GoBack」との併用はできません。
万が一の誤操作や予期せぬトラブルを避けるため、パーティションの操作を行う前に、重要なファイルを別のハードディスクやCD-R、DVD-R等にバックアップしてください。
本製品の動作中は、電源の切断やリセットを行うなどの操作は絶対に行わないでください。
ハードディスクに潜在的なエラーがある場合は、操作ができない場合があります。Windowsに付属しているハードディスクのチェック機能でエラーがないかどうかの確認をしてください。
Windows専用版です。Windows以外でのご使用はサポート外とさせて頂きます。
本製品は株式会社アーク情報システム製の「HD革命/PartitionLite Ver.1 for Vista」をSoftBank SELECTION用にカスタマイズしたものです。
↑ページトップへもどる
FAQ
Q ご使用いただくハードディスク環境について
A ご使用のハードディスクに次のようなエラーが発生している場合は、「ウルトラパーティションメーカー」でパーティションの操作を行うことはできないことがあります。

「パーティションに不良クラスタ(不良セクタ)が存在する」
「パーティションテーブルに不正な値が書き込まれている」
「ファイルシステムが破損している」
「パーティションのブートセクタが破損している」
「ハードディスクが物理的に故障している」

また、動作はしていても、頻繁にフリーズしたり異音がしたりするなどの異常がある場合は、予期せぬ不具合が生じる可能性が高くなります。安全のためにこのようなディスクでの操作は行わないようにしてください。

不良クラスタ(不良セクタ)は、Windowsに付属しているディスクチェック機能で確認できることがあります。以下はハードディスクのエラーチェック方法になりますので、ウルトラパーティションメーカーをお使いになる前に、ご確認いただくことをおすすめいたします。

・Windows Vistaの場合
1.[スタート]ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」と選択します。
2.「コマンド プロンプト」をマウスの右クリックで選択し、「管理者として実行」を選択します。
3.「コマンド プロンプト」画面が開きますので、「CHKDSK」と入力して、Enterキーを押します。

・Windows XPの場合
1.[スタート]ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンド プロンプト」と選択します。
2.「コマンド プロンプト」画面が開きますので、「CHKDSK」と入力して、Enterキーを押します。
Q 現在OSが不安定なのですが「ウルトラパーティションメーカー」で分割や結合を行うことができますか?
A OS が不安定な状態では、「ウルトラパーティションメーカー」自身も正しく動作しない可能性があります。
また、予期せぬ現象が発生する可能性がありますので、おすすめはできません。できる限り、Windowsが正しく動作している環境でご使用ください。
Q ハードディスクの空き容量が少ないのですがパーティションの操作はできますか?
A 「ウルトラパーティションメーカー」でパーティションの操作を行う場合、空き領域をファイルを移動させるための作業領域として利用しています。

空き領域が少ない環境では、作業領域も十分に確保できないため作業に時間がかかるようになります。特に、パーティションサイズが大きい場合などは、何十時間もかかってしまうことがあります。また、お使いの環境によっては動作に支障が出る場合もあります。

極端に空き領域が少なくない限りパーティション操作はできますが、空き領域が少ない環境でご使用いただくことはおすすめはできません。十分な空き容量を確保してから操作を行うようにしてください。(最低でも1GBの空き領域を確保してから行っていただくことを推奨します)
Q マルチブート環境で使用できますか?
A マルチブート環境でも使用できますが、サイズ変更やドライブの作成、削除を行うと、操作後のドライブ構成やドライブ数が変更されるため、OSを起動できなくなることがあります。ご使用を検討されている場合はご注意ください。

<例>
Windows VistaとWindows XPでデュアルブートを行っている場合、次のような制限事項があります。
ここでは、CドライブがWindows Vista、DドライブがWindows XPで、Windows XPのブートローダーを使用してデュアルブートにしている環境を例にします。

●Windows VistaがインストールされたCドライブを削除すると、Windows Vista、Windows XPともにOSが起動できなくなります。

●Windows VistaがインストールされたCドライブのサイズ変更(ドライブの拡大・縮小)を行うと、Windows Vistaが起動できなくなることがあります。(Windows XPは起動します)

●ドライブ数が変化するようなドライブの操作を行った場合、Windows XP起動時の「オペレーティングシステムの選択」画面でOSを選択してもOSが起動しなくなることがあります。これは、ドライブ数が変化することで、OSが起動するときに参照するファイル「boot.ini」に記述されているパーティション(ドライブ)情報と、ドライブ操作を適用した後のドライブ構成との間に差異が生じるために起こるものです。
→全てのFAQを見る
↑ページトップへもどる
マニュアルダウンロード
PDF 製品マニュアル
PDF かんたんガイド
Get ADOBE READER ダウンロードしたファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
Copyright©2008 ARK Information Systems,Inc. 『HD革命』は株式会社アーク情報システムの登録商標です。Windowsの正式名称は、Microsoft Windows operating systemです。Microsoft、Windows、Windows Vista、Windowsロゴは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。記載されている会社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。
↑ページトップへもどる
Copyright(c) SOFTBANK BB Corp. All rights reserved.
SoftBank SELECTION 個人情報について 会員規約 会社概要