オルニチン

しじみが齎すオルニチンの副作用

二日酔いの朝にはしじみ汁が最高!と昔から言われています。
飲みすぎのお腹に染み渡る様に感じるお味噌汁、味もさることながらアルコールを摂取しフル活動した肝臓にとってオルニチンが含まれているお味噌汁は栄養素的にも最高です。

肝臓は食べ物などを摂取した後、毒素や老廃物をろ過する機能を持った臓器です。
つまり解毒してくれる臓器です。
この解毒をサポートしてくれるのがオルニチンです。
肝臓機能を高めるためにこのオルニチンはお薬ともいえる最高の栄養素となるのです。
解毒作用をしっかりサポートしてくれるので、二日酔いの朝に有効的なメニューとなります。
昔の人はオルニチンという栄養素がしじみに含まれているという事を知らず利用されていたのですから、やはり先人の知恵というのは素晴らしいものです。

食材からオルニチンを摂取することが望ましいのですが、そう毎日しじみを食すという事も難しいため、サプリメントでサポートする方も多いのですが、この際にちょっと注意点があります。
オルニチンは過剰摂取するとお腹が緩くなります。
副作用というほどのものではありませんが、必要量を守るという事はとても重要な事です。
また同じ成分が大量に摂取されることによってアレルギーを引き起こすことにもなりますので、注意が必要です。
もっと詳しく知りたい方には しじみに含まれるオルニチンの働きと効能の記事も参考に是非ご覧ください。