オルニチン

しじみは肝臓に対しての特効薬

古くからしじみは肝臓の働きをサポートしてくれるとして有名です。
二日酔いになったらしじみ汁を飲むという人、多いでしょう。
この肝臓に効果があるしじみの成分はオルニチンという成分です。
オルニチンはアミノ酸の一種です。

お酒も百薬の長などといわれますが、飲みすぎれば体に害を与えます
お酒を大量に飲むとろ過機能によって解毒を行う肝臓はフル活動で働く必要があり、肝臓はとにかく頑張ってしまう臓器なので、こうした生活を継続していると次第に肝細胞が損傷し始め、肝臓の病気に変わっていくのです。
必須アミノ酸であるオルニチンを補給することよって、幹細胞の主成分となるたんぱく質がしっかり合成されます。
しじみに含まれるオルニチンがたんぱく質の合成を助けてくれるおかげで、肝細胞が修復されいつもの働きができるよういなるのです。

お酒以外にも脂質の多い食べ物などを継続的に摂取すると、肝臓に負担をかけます。
しじみは食材の中でもカロリーが低く低脂肪食品なので、しじみ自体が肝臓に負担をかけるという事もありません。
肝臓が悪いと目も悪くなります。
そこでしじみを摂ると目にも良いのです。

つまり、肝臓にとってはスーパーサブ的な栄養素となる訳です。
お酒を飲んだ翌朝、しじみのお味噌汁を作って飲むという行為は、本当に理にかなったことで、古くからこのことを経験によって理解されていた先人の方々は本当に「さすが」だと感じます。