オルニチン

しじみと併用で摂れる栄養素

しじみは肝臓のサポート役となるオルニチンやカルシウム、ビタミンB12など良質な栄養素を含む素晴らしい食材です。
お酒を飲んだ翌朝、またお酒の締めにお味噌汁を飲むなど、古くから日本では肝臓への効果のあるしじみを利用してきました。

オルニチンは必須アミノ酸であり、肝臓の働きをサポートするほか、疲労回復効果があり、さらにアンチエイジング世代にも嬉しい抗酸化作用を持っています。
美容の為にも健康鵜の為にも素晴らしい食材という事がわかります。

食べ物には組み合わせることで相乗効果を生むことが多いのですが、オルニチンと合わせて摂取したい栄養素として、クルクミンがあります。
クルクミンはウコンなどに豊富に含まれていますが、オルニチン同様、肝臓の解毒システムを促進するという効果が期待できます。
ウコンとしじみで肝臓にダブルの効果を発揮してくれるという事です。

更ににんにくです。
クラムチャウダーをしじみで作る際、野菜を炒める時ににんにくを一緒に利用してみてください。
にんにくにはこの貝が持っている栄養素の吸収を高めるという作用があります。
質の高い栄養素を肝臓にしっかり届けるためにも、しじみのお味噌汁を作るのなら、にんにくを利用したメニューを1品合わせて作ってもいいでしょう。