オルニチン

しじみが肝臓にいいとされるメカニズム

しじみは肝臓にいい働きをする、オルニチンという成分が肝臓にいいらしい、という事を把握されている方は多いです。
でもなぜオルニチンが肝臓にいいのか、そのメカニズムを理解されている方は少ないのではないでしょうか。

オルニチンが肝臓にもたらす働きは、アンモニアをとらえ尿素という状態にして排出する働きです。
これをオルニチンサイクルといいます。
疲労の元となるのがアンモニアで、アンモニアはエネルギー生産を阻害してしまいます。
アンモニアを尿素にして排出するというオルニチンサイクルが円滑に働けば、エネルギー産生がうまくいくようになり、代謝が活発に行われるようになります。

尿素回路とも言われるオルニチンサイクルは、激しい運動、またアミノ酸の代謝が活発になると有毒なアンモニアが作られます。
このアンモニアを解毒するのが肝臓です。
肝臓内部にあるオルニチンがアンモニアに反応し、解毒し尿素に変換します。
この解毒作用によって今度はオルニチンが再生され、さらにオルニチンサイクルが継続されます。

しじみを積極的に摂取することで、オルニチンが肝臓内に入っていき、オルニチンサイクルによって肝臓の働きをサポートし、肝臓は正常に働くことができるのです。
しじみに含まれるオルニチンはこういうメカニズムで肝臓の働きをさぽーとしています。
しじみが一番取れる時期についても興味深いです。